失業した

ブラック企業を解雇されて脱出出来ました短時間労働と不労収入で生き抜こうと思ってます

朝日新書 下流老人

f:id:meimei8315:20151004120352j:plain

9刷発行されるほど関心も高いようだ

他所でレビューされてるかもですがこの本に書かれていた事として

下流老人の生活ぶりの事

現役時代にきっちり収入もあって貯金してた人でも下流に転落した事

下流になった時の為の支援や生活保護の事

制度や政策への希望的な事

生活保護を甘えだという風土の事

 

 

まあこんな感じで

中流を目指そう維持しましょうなんて内容はなく

下流になった時に支援や生活保護を受けて生き延びような感じがメイン

それを甘え甘えという人達の事

僕が思うに甘えと言ってる人達もいつ下流に転落するかわからんのにね

生活保護の人も消費税とか働いてた時の所得税とかなんらかの形で税金は払っていただろうに

元々生活保護は生活するのに最低限のお金を貰うだけで

貰い過ぎでもない

年金やフルタイムで働いても生活保護より安い給料をなんとかしないといけないんじゃないですか?

それとどうして日本人は年金信仰が高く年金が命綱での生活なんだ?

労働収入と年金しか発想がないのか?

年金だけで生活が苦しい高齢で働けない状態でも企業マネーとか少しでも手に入れて食費の足しにしようとかいう発想が下流老人にはないようです

貯金も長生きして使っていけばなくなる

年金以外になんらかの収入源を作っておこうがないんだよね

 

 

読み終えて

明るい未来がない内容でしたが支援や生活保護の事を知れて少し安心感をいただけました

でも国の財政が破綻したら支援も生活保護もなくなるかもしれませんけど

 

 

他にも書きたい事はたくさんありますが今回はこんなもんで